Home > 医師と患者の関係 > 苦手な医者
  • 苦手な医者

    最近では病院の感じもずいぶん変わってきました。かつては、患者に対して居丈高に振る舞ったりする医者も多かったですが、今ではそういう人は少なくなったように思います。小さな町の開業医ではなく大きな病院ではさらにその傾向は顕著です。

    ある時期から患者が病院関係者に患者さまと呼ばれるようになって、時代も変わったなあと思いました。受付や看護師に限らず、医者も物腰柔らかに患者に接しようとしているのでしょうか。確かに、患者はどこかしらからだに変調を覚えているわけで、そんな状態で医者に荒い口調で頭ごなしに怒られるというのはいやなものです。

    ただ、丁寧な言葉で接すればそれでいいかというとそうでもなくて、私が苦手な医者はむしろ丁寧を通り越して慇懃無礼な言動の人です。
    慇懃無礼に当たり障りのない言葉を選んでいるつもりでも、その実まったく誠意が感じられず、また肝心なところをはぐらかすような態度をとられるのは苦手です。

    医者と患者、患者の家族というのは特殊な関係ではありますが、基本は人と人との関わり合いでもありますので、ただ丁寧なだけでなく、誠意ある対応をしてくれるのが一番だと思います。