Home > 医師を目指す動機
  • 医師を目指す動機

    医師を目指そうとする動機は何か

    医師を目指す動機は人によって異なります。よく言われていることは、当人が子どもの頃や大人になってから
    手術などで命を助けてもらったことがきっかけとなることがあります。

    また、代々、医者の家系となっている人も子どもの頃から身内の姿を間近で見てきたことによって、自然と
    医師を目指すようになることもあります。

    どんな動機であったとしても、今の世の中、かなりの医師不足となって
    いることもあり、貴重な存在となるはずです。目指しても必ずその道に
    勧めるとは限りませんし、資格を取得しても仕事をしていく上で挫折して
    しまうこともあります。

    一人前の医師となって活躍できるようになる人は、ごく一部となって
    います。そのため、まずは医師を目指そうとする動機を持っている人の
    存在自体が貴重な存在と言えるはずです。実際に働けるようになるまで
    には相当の時間や苦労を強いられることになります。
    忍耐力や精神力を養うこともできるため、自身の成長のためにも良い
    職業と言えるでしょう。

    どのような働き方が自分に合っているか、専門のコンサルタントに相談して模索していくこともできます。
    働き方を相談するならこちらがお勧めです⇒http://www.dr-10.com/guide/index.html

    医師を目指す動機

    医師を目指す動機として多いのは、幼い頃に病気などで入院して、そこのお医者さんがとても良くしてくれて難しい病気が完治したという人が多いように思います。尊敬できる医師に出会い、自分も人の命を救いたいという純粋で真摯な気持ちで医師を目指す人が多いのはとてもいいことです。

    他には、体の構造や細胞などに幼いころから興味があり、研究などの分野に進みたいがために医師を目指すひともいます。探究心があるのはとても素晴らしいことで、研究しているうち、今は完治が難しい病気を抱えている人を救えるなにかを発見するかもしれません。それも、とても素晴らしいことです。

    人の命を救いたいという思いを持つ人が医療の現場に増えるのはとてもいいことで、現役の医師たちが新人をしっかりときたえて、明日の医療を支える人たちを育てていって欲しいと思います。患者さんにとってお医者さんは無条件で頼りになる人なので、そのことをしっかりと自覚し医師としてまい進してほしいです。