Home
  • 医者はどうあるべきか

    医師として大事にしてほしい心構え

    患者の立場に一度でもなったことのある人にとって、医師とはこんなふうであってほしいと思うことはあるはずです。例えば、医師として大事にしてほしい心構えの一つに、尊大にならないことを挙げる人も多いと思います。先生と呼ばれる立場になることから何か勘違いをしてしまう医師も多くなっています。別に偉いわけではありません。

    だからと言って、必要以上にへりくだることもありませんが、横柄な態度にならないようにしてもらうことは患者にとって望ましいことと言えます。それから、いつまでも向学心や向上心を持ってもらいたいと思っている患者も多くなっています。これは医療技術はまだまだこの先も進歩の余地があるからです。

    結果が出て満足するのではなく、そこからさらに上のことを目指せるような医師が患者にとっても国にとっても望ましいと言えます。このように、医師は資格を取得して仕事ができるようになったことで満足することなく、常に上を目指すという心構えを持っていると素晴らしいものがあります。

    なぜ医者を目指すのか

    医者としての成長

    医者と患者のコミュニケーション

    信頼できる医者とは?

    苦手な医者の特徴

    医者としてタブーな言葉